コロナから売上を取り戻す!店舗向け海外のマーケティングアイディア

こんな方は参考になるかもしれません

  • 店舗運営をされている方
  • コロナなで影響を受けている方
  • コロナ中の売り上げの作り方に悩んでいる方
  • コロナ後のことも視野に入れておきたい方

一つでも当てはまる場合はチェックしてみてください

今回の内容は広島の店舗向けホームページ制作D-DESIGNが海外のマーケティング事情をリサーチした内容をもとに記事を作成しています。

コロナ中・後のマーケティングで重要なこと

まず最初にコロナの影響により店舗ビジネス、小売りの業者は前提として覚えておかなければならないことがあります。

あらゆる面で根本的に価値観や行動がコロナ以前とはちがう!

と言うことです。

もちろんわかっていることではあるとは思いますが、意外と深く考えたことは無いのではないでしょうか?

私は記事のリサーチ中に記事を読んでいて、分かっていても深く考えていないことを感じました。

では、あらゆる価値観が変化した世の中で考えなければならないのは

  • お客様の期待、ニーズ、行動の優先順位
  • サービスはお客様に最適なものをできている?
  • お客様の注目しているカテゴリー・ビジネスモデルは?
  • お客様と関係者の安全を守れている?
  • 毎年と同じではない流れの予測

これらを意識した新たなマーケティングに柔軟に対応していく必要があります。

これらを考える理由はコロナ後の変化した価値観の中、お客様は以前とは違うニーズや期待、金銭感覚・優先度を持っています。

おいしい食事が優先だった飲食店が安全に食事できることが優先になっていたり、自宅に運んでくれることが期待するようになっていますよね。

そして価値観の変わった顧客は繁忙期や閑散期の感覚や考え方も変わっている可能性もあります。

また、今18~34歳の人が支払いに不安を感じている統計もあるそうです。

それをふまえ、お客様の現在の優先事項と関心を考えてそれはお客様にとって最適なサービスかを考えなければなりません。

では具体的にはどのようなことが海外では取り組まれているのかを確認してみましょう。

コロナ中の運営アイデア

  • 【新しいの通常】を徹底している。
  • あなたのビジネスを顧客の家に持ち込む
  • 現実逃避に協力する
  • WEBサイトの活用の強化をする
  • オンラインのコミュニケーションをとる。

以上がコロナ中のマーケティングアイデアです。

もう世の中に浸透しているものや、ひらめきになるものまであると思います。

一つずつ解説していきます。

・新しい常識を徹底している

消毒を店頭に設置したり、マスクを着用し、お客様同士の距離をは空ける。

常識のないお店にはいきたくはないですよね?

めんどくさいという声も多いですが、実際に感染したい人はいませんし、自分が感染しないことで自分の家族も守ることができる。

【新しい常識】は、新しいので抵抗があるかもしれませんが【常識】になっています。

あなたのビジネスを顧客の家に持ち込む

今では常識とな食事の宅配業者が有名ですよね。

ただこれはあなたのビジネスに応用出来るチャンスがまだまだあります。

マイナーなところでお年寄りの髪の毛を自宅に行って切ってくれるサービスもありますよね!

あなたの持っているサービスを自宅で楽しんでもらう方法を考えると

あなたのビジネスに新しい風が吹くかもしれませんね!

・現実逃避に協力する

安全にできる屋外でできるストレスの解消などに訴求することが、有効かもしれません!

今は世界中で多くの人が心配事や気にしなければならないことが増え、ストレスを抱えています。

なので安全でリスクのない開放的な行動にお客様は魅力を感じやすい傾向にあります。

屋外に限りませんが、安全でリスクが無いことができればストレスの解消に訴求してみるといいかもしれませんね!

・Webサイトの活用を強化する

ネットショップの開設やお店の情報をしっかり掲載しておく

海外のデータではありますが現在Webサイトの閲覧数やネットショッピングの利用者が急増しているデータがあります。

これは、お店が今日は運営しているのか?感染対策はしているのか?ネットショップはあるのか?

更には外出できない時間に解禁になった時に行きたい店などをチェックしています。

ネットショップなども今は無料で簡単に解説できますし。

お店に来れない今Webサイトの整備は重要となのは間違いないですね。

・オンラインのコミュニケーションをとる

SNSや既存の顧客データからの一斉送信などでお客様とのコミュニケーションをとることです。

これはコロナ後の世界のためにもお客様とお店との接点を切らさないために重要です。

今まで来ていたお客様の常識はコロナ後の世界では常識ではなくなっている可能性が大きいです。

コロナが収束すればお客様が戻ると考えずお客様とのつながりを切らないように心がけた方がよさそうですね!

難しいことやすぐに取り組めない事、時間のかかることも多いですが、

世界の常識が変わりつつある今、柔軟な対応と素早い行動がお店の命運を分けるのかもしれませんね。

コロナ後の世界に備えた運営アイデア

  • お客様の買い物リストに注目する
  • ネットショップ化を進める
  • 従来の運営方法を変えていく
  • シェアリングエコノミー

以下がコロナ後の世界の店舗運営のアイデアです。

コロナ収束前から始めた方が効果が出やすかったり早く始めた方が有利に立てる情報が多い印象でした。

以下で解説をしていきます。

・お客様の買い物リストに注目する

お客様がコロナが開けたら買おうと思っている、商品やサービスを先回りしておすすめしておく。

現在お客様の多くは買い物や外出など出費を抑えているでしょう。

影響を受け収入が減少した人や、外出を控え買い物をしない人もいます。

そして、「コロナが明けたら○○がしたい」「○○が欲しい」という欲求がすでにあり、頭の中のリストにたまっているはずです!

あなたのビジネスを○○にあてはめれるようにSNSやDMなどで発信することで。コロナ収束後の世界のスタートダッシュが切れるかもしれません!

・ネットショップ化を進める

お客様は現在もお店へ出向くことに抵抗を持っています。加えてインターネットショッピングの需要が増えています。

以前はお店に行くことが好きだった人も価値観が入れ替わりお店に行かないショッピングを選ぶ方が多くなりました。

実際に食品宅配や、Amazonやメルカリへの出品または自社のECサイトを作って売り上げを立てる店舗も多くなってきました。

これからは、店舗に来ないと提供できないサービスと、もう一つ店舗に来なくても提供できる商品やサービスを持つことは店舗ビジネスの常識になるかもしれませんね

・従来の運営方法を変えていく

  • Webサイトを活用していく
  • ビジネスを店舗で完結させない
  • 安全やリスクのなさを大事にする

など お客様は以前とは違うニーズや期待、金銭感覚・優先度を持っています。

などので今までの店舗ビジネスよりも一歩進んだビジネス展開をしていく必要がありそうですね。

素早く取り入れることで回復後の世界で取り残されないようにする必要がありそうですね。

・シェアリングエコノミー

定額制のシェアサービスは世界中で人気ですよね!

有名なところで言うと高級バッグのシェアをするサービスが流行りましたね。

業態によってはシェアする物が無い!と思うかもしれませんが、考え方次第ではシェアできるものは多くあります。

最近話題になったものでホテル従業員をアパレルの従業員としてシェアしている企業などがありました。

正確にはアウトソーシングかもしれませんが、これも立派なシェアビジネスです!

工夫次第で店舗ビジネスの新たな切り口になるかもしれませんね!

以上がコロナ中・コロナ後のマーケティングアイデアです。

当たり前といえば当たり前のことが書いてありますが。一つ一つ真剣に考えると知っていてもやっていないことも多いと思います。

今後はお客様の変化した価値観を考慮しお客様の行動や心理を逆算してい行動していく必要がありそうですね!

いインターネットの利用がまだ普及しきっていない店舗ビジネスではもっとインターネットの活用を活性化していく必要があるかもしれませんね!

Ⅾ-DESIGNホームページ

現在D-DESIGNではホームページ制作のモニター様を募集中です

10万円制作を3万円で制作いたします!先着で10件募集しておりますので

まずは無料相談をどうぞ(下部画像をクリックでお問い合わせフォームにとべます)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ebc93d0b4a85cd2d31947ea33cb2fed3.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA