店舗の求人の予算をおさえられる。WebサイトやSNSを使ったアイディア

こんな方は参考にしてください

  • 現在求人をしている方
  • 求人の予算を減らしたい方
  • 長い目で求人をしていきたい方

一つでも当てはまる場合はチェックしてみてください

今回の内容は広島の店舗向けホームページ制作D-DESIGNが海外のマーケティング事情をリサーチした内容をもとに記事を作成しています。

企業文化を共有する

SNSやホームページなどで企業の文化や裏舞台を紹介することで、求職者に魅力を伝えることができます。

求職者の多くは魅力のない企業では働きたくないですし、就職先に少なからず不安を感じています。

企業の文化を紹介することで企業の魅力やあり方を理解してもらい。

裏舞台を紹介することで仕事場の雰囲気などを伝え求職者の不安を取り除きます。

事前にSNSやホームページなどで発信することによって企業と求職者の認識の違いが少なくなり離職者も減らすことができますし、SNSを使えばリーチできる数も増えるのでおすすめです。

具体的な方法

今回はInstagramとホームページを絡めての具体例を提案します。

Instagramは2021.11現在ではリール機能を使うと一番効果が得られるかもしれません!

僕のInstagramでも一度実験してみましたがフォロワー100人以下のアカウントで3000回以上再生してもらうことが可能でした。

なので、リール→プロフィールや普通の投稿→求人ページが一番効果を得られやすいと思われます。

リールは裏舞台や職員にスポットを当て求人募集をしていることをアピール(興味を持ってもらいます。)

プロフィールや普段の投稿にお店の文化や考え方などを反映した投稿をし求人ページかホームページのURLに誘導(働きたいと思ってもらう)

求人ページやホームページで時間や給料など具体的な条件を提示する(ここで働く決心をしてもらう)

この流れを続けていけば一般的な求人情報より多くの人にリーチでき、投稿はストックしていくので求人のたびに同じ方法を繰り返すことができます。

だいち

必ずしも求職者が見ているわけではないのが弱点ですがコストが少なく、企業を理解している人物が来てくれるので採用後の問題や離職率が少なくなりそうですね。

従業員にスポットライトを当てる

SNSやホームページで従業員の個性、才能、ストーリーを強調した紹介をします

仕事において人間関係はとても大事です、そして買い物と一緒でレビューはどうしても見てしまいますよね。

お店の中のことを理解するのに一番信憑性を持っているのは、従業員の声です。

理想は画像やテキストよりも動画での撮影ができると嘘っぽさがなくなり一気に信頼につながります。

許可をとって撮影する必要はありますが効果は期待できそうです。

具体的な方法

従業員に自己紹介付きで店舗のレビューを書いてもらったり撮影してもらう。

またはスタッフの紹介をスタッフのプロフィールや入社してできるようになったことや個性、才能など書いてもらったり撮影してもらう。

SNSではスタッフの働いている様子を撮影したりインタビューの短い動画を作り、ホームページでは詳細な内容を掲載するのが効率がいいかもしれません。

部外者がお店のことを理解したり共感が持てるように構成できるといいですね!

だいち

従業員が自分のお店のことを考えるきっかけにもなりますし、求人の作業を手伝ったことで責任感も増すかもしれませんね!

動画を活用する

求職者が見る求人用動画でお店で働くメリット、雰囲気、代表や組織の考えを最速で伝えることができます

店舗ビジネスでこれを実行しているところは今あまり見かけませんので、効果は絶大だと思います!

実際、求人用のテキストはお金や時間の部分しかあまり見ませんよね!

動画であれば興味を引くことができれば最後までお店についての情報を見てもらうことができます。

さらにSNSなどに掲載することで求人以上の集客効果などを得ることができる可能性があります。

具体的な方法

動画は自分で作成してもいいですが、フリーランスやクラウドワークスなどで外注してみるのもいいと思います。

プロの作った動画をアップすることで企業的にもちゃんとしている雰囲気が出ますよね!

SNSで短くて本編に誘導する内容を作り、ホームページで全体を見せるのが効果的ではないでしょうか!

だいち

SNSには採用動画を採用ページにて公開+お店の魅力が伝わる動画で採用+集客を目指したいですね

スカウト用のカードを作る

採用担当者や従業員が持ち歩くスカウト用の名刺のようなものです。

採用ページのリンクなどをが記載してあり、自社の欲しい才能や、自社で働く資格を持っている人物に配ることのできるカードです。

実用性が低く認知を広げることはできませんが、ほしい!と思った人材を確実にとることのできる、最高の一手です。

すぐに面接したりするのではなく、一度採用ページを見てもらうことで、勢いで入社しやっぱり違った!みたいなこともおきづらくなります。

だいち

具体的な方法はあった人に直接渡すだけなので割愛します。

以上がSNSやWebサイトを利用した求人のアイディアです!

海外ではこういった方法をもうすでに盛んにおこなわれているようです!

予算も少なくて済むので一度挑戦してみると経営の助けになるかもしれません!

Ⅾ-DESIGNホームページ

現在D-DESIGNではホームページ制作のモニター様を募集中です

10万円制作を3万円で制作いたします!先着で10件募集しておりますので

まずは無料相談をどうぞ(下部画像をクリックでお問い合わせフォームにとべます)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ebc93d0b4a85cd2d31947ea33cb2fed3.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA